対局で生まれた局面(殺法問題)

中残局・殺法

実戦で生まれた局面の紹介です。

はじめに

対局をしていたら、こんな局面になりました。

この局面は紅からです。(何か良い手がありそうです。)

しかし実戦でこの局面にたどりついた時には持ち時間が30秒を切っていて(一手毎に5秒増える試合)、全然考えることが出来ませんでした・・・(残念)。

そして良い手が出せず、機会を逃してしまいました。

対局中も「ここは絶対何か良い手があるはず!」と思っていたので、復盤では私なりにしっかりとこの局面を考えました。

そして・・・

やっぱりありました!

(みなさんこの時は何をしますか?)

答え

(私なりの答え)

【紅先】

1 車六進二①  車1進2

2 帥六進一   車1平3②

3 馬三進五③  車8退2④

4 車八平五⑤  車3退1

5 帥六進一   車3退8

6 馬五進七   車3進1⑥

7 車六進一

① 次に車八進四と攻撃する準備です

② 黒は紅の車八進四の攻撃の受けをしました

③ 次は馬五進三の攻撃があります。

④ 車8平7とすれば馬で車がとれます。

また車8平6としても回答の流れと同じように進みます。

⑤ この殺法でポイントになる手です。

次は車六進一と指し黒の士を4路に下げてから、馬五進三と指すと殺です。

黒の3路の車が底線を守れば馬五進七と指しても勝てます。

ここで概ね紅の勝ちが決まりました。

⑥ 馬をとらなければ、次は紅に車六平五の手があります。

○対局では指せませんでしたが、試合全体を通してこの一局は色々と勉強になりました。

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました